軟弱な日本の男性。プロポーズできない男性が増えている

プロポーズって女性の憧れです。どんなシチュエーションでもいいから、彼の方から「結婚してほしい」と言葉と態度で明確に示してほしいものです。だけど、私を含め、私の友人たちの中で、このようなはっきりとしたプロポーズを受けた人は少ないです。

 

例えば私の場合。自分からプロポーズしました。「ずっと一緒にいたい。これってプロポーズのつもりだよ」と言いました。しかも、そこから2年間待たされ、何度も催促してやっと結婚に至りました。

 

例えば私の仕事の同僚。そろそろ結婚したい彼女、だけど彼はのらりくらりと逃げていきます。具体化させようとしても、真剣に取り合ってくれません。結局「別れるか、結婚するか」の2択を彼に迫り、そして彼は結婚することを選びました。

 

例えば私の友人。彼女は最初から結婚願望が強かったのです。告白は彼からでしたが、その後付き合いも浅い内からガンガン実家に彼を連れ込み、自然と「結婚」する流れに持ち込みました。

 

例えば私の別の友人。職場の先輩と付き合い始めましたが、交際して3ヵ月程経ったある日、まだ結婚の「け」の字も出ていない頃に、「どういうつもりで私と付き合っているのか」と問い詰め、その場で「将来的には結婚を考えている」と言わせてしまいました。

 

 

全く日本の男性はどうなっているのでしょう?私の結婚が決まった時、たまたま会社でミーティングの準備をしていて、その場にいた既婚男性にプロポーズについて質問してみたところ、3人中3人全員が「なんとなく」とか「流れで」とか「自然と」なんて答えたのです。プロポーズをされなくても結婚生活は幸せですが、私は声を大にして言いたいです。

 

プロポーズは、やっぱり男性からするべきだと。